「ヒトはなぜ眠るのか」解明されていない

2010年の国民生活調査によれば、日本人の平均睡眠時間は平日で7時間14分です。

2012年の厚生労働省の調査によれば、日本人の平均寿命は女性が86.41歳(世界1位)、男性が79.94歳(世界5位)となっています。

単純に計算すると、7時間14分(2万6040秒)×365日×男女平均寿命83年=7億8888万秒を私たちは眠りに費やすことになります。

この多大なる人生の時間に興味を持だない人は、人生の3分の1を放棄しているに等しいといえます。

地球上のすべてのヒトは、生命を維持するために睡眠を取ります。睡眠は単なる活動の停止ではなく、生命に必須の生理機能を営んでいるのです。

しかしながら、ヒトがなぜ眠るのかについては、すべてが解明されたわけではありません。まだまだ未解明のことが多いのです。

ここで、近年の国民生活調査を見てみましょう。この調査では、日本人の平均睡眠時間の短縮と就寝時刻の遅延が明らかになりました。また、成人の約21.4%、つまり5人に1人が何らかの不眠に悩んでいます。2500万人以上の日本人が不眠症と推定されているそうです。

私たち現代人は、人間本来の生物としての活動時間をはるかに越えて活動しています。

しかも、昼の間に活動して夜になったら休息するという昼行性の哺乳類の特徴をかなり無視して生活し続けているのです。

そう考えると、今後はますます睡眠を生物学、生理学、遺伝子工学などの睡眠科学として、医歯薬学的に研究するのはもちろんのこと、社会学的にも研究し、ヒトの睡眠と睡眠障害について解明する必要性がありそうです。

 

簡単にできる、ベッドや敷きぶとんの適合チェックと対策

腰や肩に特別な疾患はないのに、朝目、が覚めると腰が痛い、枕を整えても肩こりが取れないなどと感じる人は、使っている敷きぶとんやベッドの見直しが必要です。

チェック方法は簡単です。自分の今使っている枕を、使っている敷きぶとん、もしくはベッドの上に置いて、寝返りをしてみてください。

枕のタオルケットを1枚ずつ微調節しても、腰が重くて寝返りできない、横向きになると肩に圧迫を感じるという時は、敷きぶとんやベッドに問題がある可能性が大です。

対策はケースによって異なります。

①仰臥位で胸や腰が突き上げられる硬さを感じ、側臥位では肩が圧迫され、寝返りがぎこちないケースー敷きぶとんやベッドが硬過ぎです。敷きぶとんなら2枚重ねにしたり、ベッドならやや厚め(1mm以上)の敷きパッドを使って、少し軟らかさを出してください。

②腰が沈むような軟らかさを感じて寝返りしにくいケースー基本的に今使っているふとんやベッドでの調節は困難です。硬めの敷きぶとんやベッドを準備し、①のように調節してください。